Keep your smile

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙のタイミング

<<   作成日時 : 2005/08/02 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ふらんそわ、泣くのがヘタです。
といっても、すごく涙もろいというわけではありません。
むしろ、あまり泣かない方だと思います。
小学校では1度/1ヶ月、というハイペースで泣いてたくらい、筋金入り泣き虫でしたが…。

どうヘタかというと、
通常、泣くに相応しいとは思われない状況で涙してしまう、という性分なのです。
ここなら存分に泣きダメできる、というシチュエーションではポロリともしないせいでもあります。

卒業式で、泣きません。
お葬式で、泣けません。
受験に受かった後で、泣きません。
ハートブレイクな瞬間、なぜか泣きません。
部活の本番の後、泣けません。

いつの間にか、目から汗が出てしまうことが多いのです。
たとえば。
保健体育の授業で、受精卵がクルクル回転するミクロ映像を見て。
音楽の授業で、全然日本語じゃないオペラの一場面を見て。
卒業式の次の日、卒業式次第を眺めていて。
入学式で、校歌を歌っていて。
友達と昼ごはんを食べている時、前触れもなくお別れした人を思い出して。
部活で本番を終えたあとの練習の時。

ワンテンポ遅れて、ある出来事の意味を実感して衝撃を受けることが多いようで。
あとは、感動のポイントが少しずれてるのかも(最初の2例なんか)。

式典や特別な日って、いわば泣くことを公に認められていて
慰めたり一緒に泣いてくれる人がいっぱいいる特殊な空間なのに、
ことごとくそれを外した機会に突然…。
こういう場面に遭遇する人には、ほんとに悪いなぁと毎回思います。
だって誰も私の泣いている理由を推察できないので、
「自分のせいか?」と思わせ、困らせてしまうのです。

私の涙腺が鍛えられたのは、強くなりたいから…という気持ちからだけじゃないのでした。
みなさんの涙のツボ、自分で把握してますか?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あー、ふら様とはちょっと違うかも知れませんが、分かります、分かります。
僕もほんと〜に悲しい瞬間には涙が出ません。
なのに、僕はかなりの泣き虫です。
変なところでしょっちゅう泣きます。

テレビつけたら、ドラマの最後15分くらいをやっていて、ストーリーも何も
分からないのに泣きます。
「課長島耕作」を読んで泣きます。
最近では、後輩と二人で飲んでいる時に、桜玉吉(知らないでしょう?(笑))
のマンガについて熱く語っているときに、不覚にも涙が出てしまいました。

ま〜、何でしょうね。僕にとっては、泣くことはストレス発散になっているのかも
しれません。最近では、悲しいという「感情」と、泣くという「行為」は無関係
なんだと思っています。


しんたろう
2005/08/05 05:33
まぁ!こんにちは!
泣きのスイッチが独特ですねぇ。
しまこーさくのどの辺で泣きました?
桜玉吉、調べましたが読んだことないようです。
さっそく漫喫へ…。しかし、泣ける話なんでしょか?

泣き=ストレス発散、うんうん。判ります。
涙の量?が、悲しみの大きさを表すとは限らないんですよね。
たとえば、極端な例、笑っても涙出るし…。
ふらめんこ
2005/08/05 13:00
かちょーしまこーさく僕の泣きどころベスト3(笑)
1 藏重事業部長、木に登る
2 宇佐美専務、隠し子と再会
3 大泉社長と典子ママ
しゅじんこーにほとんど興味のない僕でした(笑)
しんたろう
2005/08/05 19:41
おお!3は私も泣きましたよ!
ああいうシーンで泣かせられる弘兼氏ってすごいですよね。
主人公、確かにおいしい思いばかりで
泣くようなとこはあんまし…。笑いどころは満載だけど。
ふらみんご
2005/08/06 23:34
私も涙についてblog書いてみました。
涙が出るときの体内の信号のかけめぐりっぷりを見てみたい。
etsuco
2005/09/02 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
涙のタイミング Keep your smile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる