Keep your smile

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンシン・ウィズ・ハピネス!

<<   作成日時 : 2005/03/04 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

ご無沙汰…しました。

仕事帰り、くたびれて底冷えのする湿った吹きっさらしの駅で、
ふらんそわは電車を待っておりました。
すると、向かい側のホームに、
ひとりやたら元気そうな、
8歳ぐらいの女の子がおりました。

何で目に付いたかというと、
彼女はノリノリに踊っていたからです。

「…ヘッドホンでもしてるのか」
してませんでした。
「バレエかダンス教室の帰りかなぁ」
その割には、髪型も姿勢も持ち物も普通でした。
「お母さんとお出かけする前で浮かれてるのかも」
近くにそれらしき大人はいませんでした。

その子は、腕全体を上下に振り回したり、
スキップもどきを踏みながら、半径1.5メートルくらいを回ったり
アタマをふりふりしながらジャンプしたりしていて、
リズム感がないのに半端じゃない躍動感。
しばらくみとれていました。

多分、とにかく楽しいことがあったのでしょうが、
音楽も、一緒に踊る友達も、踊りの技術もないのに
小さな体の力の限りをつくして
踊りでシアワセを表現するその子に、
なんだか脱帽しました。

人って成長にしたがって、
悲しみ・怒りをセーブして、表に出さないことを覚えるものでしょうが、
それにともなって、
手放しでヨロコビを表現する、ということも
あんまりしなくなる気がします。
子供は大人ほど語彙が豊かじゃないせいもあるのでしょうが、
表現する力は幅広くてエネルギッシュ。

ほら、たとえば。
あなたが昼間食べたいなぁ、と思ったケーキが
家に帰ってみたら用意してあったりしたらどうしますか?
「やったー」って言ってニコニコする以外に、
特別なリアクションありますか?

前述のダンシングガールなら、
家族とかわるがわる手をとりつつ、
自作の「ケーキの歌」とかを歌って、お茶が入るまで踊りそう。
何か、そっちのほうがもっとケーキがおいしそう。

外ではできなくても、
大人になっても、喜んだり楽しんだりする時の気持ちは
思う存分表せるようでありたいな、と思ったのですが、
いったいどこで、誰の前でできるのだろう…。
どうやって?

ちょっとその子に弟子入りしたい気分でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
・・・一ヶ月更新がないので、実はハラハラしていました。なんかあったんだろうか、
ふらお嬢さま。夜も眠れませんでした。・・ウソ、ちょっと大袈裟ですね。
とりあえず、お元気そうで何よりです。

おこちゃまの表現はね、そりゃ、派手ですよ。僕の大好きな「ひろちゃん」(3歳)
は自分が出かけたいときは「しんちゃーん、おそと行こうよう」と体当たりしてき
ます。でも、そうじゃないときは「しんちゃん!あっち行ってよう」てな感じ。
おこちゃまの「天使の素直さ」は、また「天使の残酷さ」でもあるように思います。

ま、それはそれとして、大人もおこちゃまの様になるときがあります。・・酔っぱ
らったとき。僕はこの前、とっても気持ちが良いってのを、道路ででんぐりかえし
することで表現してしまいました。どーです、弟子入りしたくなったでしょう。
しんたろう
2005/03/06 02:28
↑昨日、酔っぱらって帰ってきたあとにカキコしたものを今見ると・・・(恥)。
すんません、支離滅裂で。
しんたろう
2005/03/06 13:03
わぁしん様だ!!いらっしゃいませ。
ご心配おかけいたしました。元気です。

さすが「平成よっぱらい研究所」所員しん様。
確かにドランクしん様のご様子を思い出せば、
弟子入りしたくなります。
捨て身の自己表現ですね。道路。えっ、道路!?ででんぐり返し…。
ふら
2005/03/07 23:35
ふふふ、酔っぱらった僕は、後輩たちに僕の必殺の階段の降り方「ごきぶり落とし」
(説明不能)を披露しよとして失敗し、某駅の階段を十段以上転げ落ちたこともあります。
その時一緒にいた後輩は、僕が死んだと思ったそうです(笑)。
しんたろう
2005/03/08 02:10
ひぃぃ〜。
救急車呼ばれなくてよかったですね。
ごきぶり落とし?なんか必殺技っぽい名前です。
ほどほどの自己表現を…。
ふら
2005/03/09 00:31
私は異常〜に涙腺が緩みやすいので「泣く」のはさておき。
いつの頃からか、自己表現が薄い膜を通したようになっている気がします。
感情自体も、薄ぼんやりとしてきました。(感情的とも言われるのですが。)
昼間に「食べたいなぁ」と思ったケーキが、帰宅してあったら、「おぉ?」、
「うわ」、と感情回路がストップします。
次。
妹の「わ〜! うれしい〜!! ありがとお〜!!!」という賛嘆の言葉を聞いて、
「自分も同じように直ぐ言えば良かった」と気づきます。
こうして喜びは上手に伝えられないのですが……。
が。
ケーキの歌で踊るのもありなんですね。
ただ大人は、外では不審人物になってしまうので、家の中に限定ですなぁ(*^^)v
あおの
2005/03/09 19:52
こんばんは、おひさしう。
感情が薄ぼんやりしてきたの?
そういうとき、感情表現のはっきりした人がそばにいると、
自分の気持ちを代弁してくれてるようで、ちょっと気持ちよくないですか?
だから子供と一緒に喜ぶのは楽しい〜。
逆に、大変な状況で子供と一緒にいるのは辛い。
たとえばぎゅーぎゅーに混んだ電車の中とかね。
ふら
2005/03/11 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダンシン・ウィズ・ハピネス! Keep your smile/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる